子供の成長を身近でサポート!保育士さんの毎日

by admin on

”保育のプロ”保育士さんとは

現在では保育士さんとゆう名称ですが、1999年までは保母さんとゆう名称でした。しかし、男性の保育業者にはこれに不満を持つ人が多くいたため性別に依存されない保育士とゆう名前に改称されたのです。近年待機児童が問題視されていますがその原因は保育所の数が少ないとゆうことではなく、保育士の資格を持っているにも関わらず保育士として働く人が少ないことにあります。では、なぜ保育が好きで資格を取得したにも関わらず保育士になっていないのでしょうか。それは長時間労働にも関わらず低賃金であることが主な原因だとされています。しかし、平成28年度になり保育士さんの賃金を上げるように国が支援する制度の取り組みを始めています。

保育士さんの就職先!

保育士さんといえば保育園で働いている印象がありますよね。しかし保育士さんは様々な地域の子育て支援の場でも活躍しています。例えば指導養護施設や児童館や学童など様々です。ここでは保育士さんの保育園での一日を紹介したいと思います。基本的には朝、児童が登園してきてから午前中は主に自由遊びや散歩などをします。お昼になると栄養士さんが用意した給食をたべお昼寝のために寝かしつけをしその間に連絡ノートの記入などをします。15時頃にお昼寝が終わりおやつをあげ自由遊びをして保護者のお迎えをまちます。

保育士さんはママにとって大切な育児の先輩!

保育園では日常のお世話だけではなくトイレトレーニングなどをおこなってくれます。ママだけでトイレトレーニングに励んでもうまくいかないことが多くなかなかオムツを卒業することができません。しかし、様々な児童を見てきている保育士と一緒にトレーニングすることでママが不安なことなどを相談し、一緒に頑張ってくれます。これはトイレトレーニングに限ったことではなく育児全体に関する不安や愚痴を共有してアドバイスをしてくれます。子供をお迎えに行ったときに保育士さんに不安を聞いてもらい心が救われるママさんも多いですよね。そんな保育士さんはママたちにとって大切な育児の先輩なのです。

保育士の求人は多くありますが、なかなか採用されません。少子化の中で、より良い保育士が求められています。

Written by: admin