転職がしやすい!歯科衛生士という職種の特徴

by admin on

歯科衛生士の転職のしやすさ

歯医者さんの増加に伴い、各クリニックで働く専門家のニーズが拡大しています。歯科衛生士はデンタルクリニックに常駐する有資格者で歯の健康管理の専門家となる存在です。その為、求人案件も豊富な状況が継続しており転職しやすい職種となっていることがメリットのひとつです。歯科衛生士の働く場所は自宅近隣のクリニックだけにとどまらず、商業地域や都心部のビルで診療を行うクリック等もあるために勤務場所が選びやすくなる事も利点です。

歯科衛生士の仕事の特徴

歯科医院での歯科衛生士の役割は口腔内の健康管理全般です。従って、保健指導の一環として歯の磨き方を教えたり、それぞれの患者の歯の悩みに適切なアドバイスを提供することが求められます。また、個人経営のクリニックに勤務する場合、各種の必要書類の準備や作成業務などを担うことも必要です。その為、歯科衛生士には多岐にわたる知識が要求され、求人先のクリニックによっては職務経験が重要視される事もある仕事なんですよね。

歯科衛生士のニーズの拡大

歯科衛生士の求人先での仕事内容としては口腔内の健康管理にまつわるものが代表的です。しかし、歯の機能性だけではなく審美性を追求する治療の需要が拡大している事から、専門的なクリーニングなどの特殊な技術が必要とされる仕事が増加しています。また、審美歯科治療であるホワイトニングの普及やインプラント治療の後のメンテナンスなどの必要性が増してきており、幅広い知識と技術力を備えた歯科衛生士が求められている状況です。

歯科衛生士の求人は、勤続年数や経験が長いほど給料が高くなります。歯科助手と違って資格が必要になります。

Written by: admin