自分を活かさないのはもったいない!女を楽しむヘアメイク術

by admin on

主導権を自分にして女を楽しもう!

可愛いと言われるヘアメイク、好きな異性の好みのヘアメイク、流行のヘアメイク。その数だけメイク道具が増えて、自分に合う化粧がなんなのかわからなくなることがある方もいるでしょう。ヘアメイクによって自分をなくしてはいませんか?ヘアメイクのポイントは、流行でも、男性の好みでもありません。自分をどう見せたいかです。軸を自分において、「自分はこう見られたいから、こういうメイクをする」という事です。人によって好みも分かれます。しかし、周りに振り回されることなく、女であることを楽しみ、意識してヘアメイクをすることは、自分を失う事がありません。そんな自分を持った女性には、その時の自分に合ったパートナーを引き寄せることができるでしょう。

あなたの横顔、綺麗ですか?

ヘアメイクをするとき、横顔まで気にしていますか?正面から見ると、綺麗なメイク。しかし、横から見たら、ファンデーションが綺麗にぬれていなかったり、後ろから見た髪の毛がぐちゃぐちゃだったりすると、印象は悪くなります。ヘアメイクをするときは、自分からは見えない部分に注意を払いましょう。「そんなことわかっているけど、余裕がない。」そんな方は、メイクをシンプルにしてみましょう。厚塗りや濃い化粧をするよりも、ひとつひとつの工程に手をかけたシンプルなヘアメイクに変えてみましょう。このメイクじゃなければいけない、という執着は美しさを遠ざけます。ごてごてのヘアメイクよりも、肌になじんだシンプルで丁寧なヘアメイクで、自分を健康的に余裕のある女性に魅せましょう。

自分のコンプレックスを活かすヘアメイク

今流行のヘアメイク商品の中には、整形したように女性を変えてくれる商品が増えてきました。アイプチ、つけまつげ、カラーコンタクトなどがそうです。しかし、それに依存すればするほど、自分の本来の姿を愛せなくなり、自信を無くしていきます。そして、お化粧を落とすたびに、自分が嫌いと思うでしょう。思い切って、やめてみましょう!本来の自分パーツ、髪質を隠すのでなく、存分に活かしてあげましょう。一重のまぶたはクールな女性に、くせのある髪質は、ケアをしっかりしてあげれば美しいパーマのような髪に魅せてくれます。自分を隠す努力ではなく、素の自分をより健康的に魅力的にしてくれるケアとヘアメイクに思考をチェンジしてみましょう。自分の持っているパーツをひとつひとつ見て、ネガティブな表現ではなく、プラスの表現で褒めてあげてください。そしてそれを最大限に活かすヘアメイクを楽しみましょう。ポイントは、隠しすぎない事と自分のパーツを愛おしく思う事です。自分と同じコンプレックスやパーツを持つ芸能人やモデルをお手本にする事もお勧めです。

ヘアメイク派遣をしている専門の会社は多く存在しているので、費用など比較をして選ぶ事ができるので効率よく利用できます。

Written by: admin